夏場の汗くささわきがが気になる。

自分ではあまり意識していなかったのですが、職場の同僚に言われて自分が夏場に汗をかくと同時に臭いを発しているようです。自覚症状がないというのは非常にやりにくいもので、人に自然に嫌な思いをさせているというのは非常に申し訳なく思います。


きっちり毎日お風呂に入っていても汗をかきやすい体質の人は注意をした方が良さそうです。汗自体に臭いがついているようで、体を念入りに洗って家を出る前には臭いがなくても会社にいるうちに臭いが染み出てしまうのです。


対策としては防臭スプレーや、服自体に芳香剤をつけて臭いを隠そうとしていますがうまくいきません。こまめに体を汗取りシートなどで拭うなど、物理的に処理する方法をこの夏は試してみようと思います。

わきがではないけれど体臭には気を使っています

私はわきがではないものの、わきが体質ではあると思います。 というのも耳あかを掃除した時に耳あかが湿っていること、また耳あかのニオイをかぐと若干わきがのような苦みのあるニオイがするためです。 わきがではないと思う理由は、わきのニオイを確認してもわきが特有のニオイがしないこと、そして服を確認してもワキの部分にシミができていないからです。 ただ汗かきな体質でもあるので、やはり夏場は汗臭さが気になることもあります。 私が行っているニオイ対策はこまめにワキ毛の処理をすること、ワキの汗を拭くこと、ピッタリした服を着ないことなどです。 ワキの汗を放置しているとそこから雑菌が繁殖してしまうらしいので、汗をかいたと感じたらなるべくすぐトイレに行き、ティッシュでワキをキレイにするよう心がけています。 スプレーのようなものはワキの毛穴をふさいでしまいあまり良くないと耳にすることもあり、私はあまり使いません。 また体臭がキツくなるような香辛料の強い食べ物や、肉類などもなるべく口にしないようにしています。

体臭サプリメントなんてのもあるんで試してみようかな。

タグ

気にしすぎないでわきが対策

夏やはり、汗を多くかきますし、他の季節よりも薄着なのでわきがと自覚されている方にとって、とても気を使う季節です。
どんなに気をつけていても、朝から匂いが気になるという場合は、シャワーを浴びるようにし、雑菌が残らないように、また強くこすりすぎて傷をつけないよう気をつけて洗います。
市販のクリームやスプレー等で適切に対策していれば、自分が思うほど、他の人には気にならないことがほとんどです。
ストレスで症状がひどくなったりする場合もあるので、気にしすぎないことも大切です。
基本的に、歯磨き程度の頻度でお手入れしていれば、十分です。
後は服装に気をつけたり、着替えやカーディガンなどの羽織物を用意しておくと便利です。

 

制汗デオドラントのボディペーパーで、体臭も気になりません

会社に勤務していた頃、折衝業務で頻繁に色々な取引先を
訪問していました。その頃の事です。
汗と言えば、夏場の暑い時などは最悪でした。ものの1-
2時間程度の外周りで、頭から身体から汗ぐっしょり、顧
客の事務所が見える辺りでトイレを探しては、ハンカチを
水に浸して、汗の臭いを取り除く努力をしていましたね。
その内、取引先訪問時には簡単なブラウスと、下着類、そ
して小さなボトルのベビーパウダーをバッグに忍ばせて外
出する様になりました。
こうする事で、不快感も解消され、顧客との交渉にも汗の
臭いを気にする事なく、集中出来ました。
現在、外出する際は私自信の為もそうですが、汗をかき易
い夫の為にも、制汗デオドラントのボディペーパーを持ち
歩くようにしています。

タグ

脇汗対策には制汗剤が手軽で便利

夏は汗っかきの人には厳しい季節です。
汗をかくのは身体に良いことですが、汗ばんだままで放置しておくと菌が繁殖、
不快なニオイに繋がるのでこまめに拭いてケアするようにしたいものです。

汗対策に制汗剤を使用すれば、ある程度は爽やかに過ごせるのでおススメです。
制汗剤にはスプレータイプやシートタイプ、ロールオンタイプなど、
さまざまな形状のものが発売されているので便利ですね。
自宅用、携帯用に使い分けて嫌な汗のニオイをシャットアウトしましょう。

夏場は特に脇汗が大量に出る人は多いようです。
通勤通学の満員電車や、スポーツをしたあとは特に脇汗が出て困るものです。
制汗剤を使って脇汗が気にならなくなったという人は多いので嬉しいですね。
いつでもサラサラで気持ちが良い制汗剤は汗っかきさんには欠かせません。

 

これからの季節の汗対策

私と同じように汗かきで悩んでいる人も多いことだと思います。
新陳代謝が良いってよく言えばの話ですが、女性にとっては、この対策に毎年頭が痛くなります。
ここ数年でやっている対策を紹介します。
まず化粧は、毛穴をしっかりひきしめてから下地を塗る。
そして、最後に、イケメスなどの、化粧崩れ防止のスプレーなどを利用する。
これでも崩れる人はたくさんいて、私もその一人。
ティッシュペーパーなどで汗や脂をふき取ってから、脂取り紙でさらにおさえる。
そのあとに、パウダーなどをはたいて化粧直しをする。
また、体の汗については、外出前や朝に、スティックやクリームタイプの制汗剤を使用する。
これだけでは時間の経過に伴い、汗が出ます。
こんな時に、衣服につける汗わきパット。いろいろな色や類似品が出ていますので、気に入ったものを使用する。
ひどい方は、昼休みなどに交換するとなお良いです。
 

タグ

電車内で気になる体臭について

夏になると誰でも汗をたくさんかくようになります。
これは自然なことで、仕方のないことです。
しかし、汗やわきがのニオイはやっぱりどうしても気になるものです。
特に、混雑している電車内などでは色々な人の体臭が気になることが良くあります。混んでいると、逃げ場が無いので体臭の強い人がそばにいても、我慢するしかありません。
また、自分の体臭が周りの人に不快感を与えているのでは?と心配になることもたまにあります。暑いとどうしてもわきの下や背中などに汗をかくので、汗のニオイが隣に座っている人に気付かれてしまうのではと不安になります。
そのため、夏場は汗を抑えるために、スプレーをわきの下に使用したりします。
そうすると、わきの下がサラサラになりさわやかな香りもプラスされるので、あまりニオイが気にならなくなります。

 

満員電車のムッとした体臭には気分が悪くなりますネ

"夏が近づくと満員電車内の体臭が気になります。誰の体臭という事ではなく、車内が何となくムッとした臭いに包まれます。
満員電車はそうでなくても憂鬱なのに、ムッとした体臭まで篭ると、本当に気分が悪くなります。
日本人は、西洋人などに比較すると体臭は一般的に強くは無いと言われていますが、それでも大勢が集まるとこのムッとした臭いになってしまうのですネ。
ヨーロッパで香水が発達したのは、この体臭を消すためと言われていますが、現在では臭いで臭いを消すのではなく、臭いの元を抑制する商品も様々開発、市販されています。
お互いにちょっと気遣い、こうした商品を活用して、抑制する努力をすれば、もう少し満員電車のムッとした臭いも改善されるように思います。
自分の体臭ってなかなか自分では気づかない事が多いので、特に注意が必要ですよネ。

タグ

自分の体臭が気になる歳になりました

若い頃は自分の体臭など全く気にしていませんでした。
自分で気づいていなかっただけなのかも知れませんが、
周りからも臭いなどと言われた経験はありませんでした。

しかし、アラフォーとよばれる年代に入ってから
ある時、自分の汗のニオイを臭いと感じるようになってしまいました。
「ついに自分にも来たか」と思いました。
加齢臭のことです。

自分は特に太ってはいませんし肉もそれほど食べません。
適度な運動もしているつもりなので加齢臭などとは
無縁だろうと思っていました。

ですので「まさか自分が加齢臭」と信じたくない気持ちもありましたが
現実を受け入れるしか仕方がありません。
自分の体臭や加齢臭で他人に不快に思いをさせるのは本意ではありませんし、
私にとっても嫌な事です。

体臭は脇の下からよく漂い出てくると言われています。
気温が上がる季節になりますと毎朝、着替えの際に脇の下に制汗スプレーを
するようにしています。
自分の体臭には気をつけたいものですね。

 

タグ

このページの先頭へ