夏場の汗くささわきがが気になる。

自分ではあまり意識していなかったのですが、職場の同僚に言われて自分が夏場に汗をかくと同時に臭いを発しているようです。自覚症状がないというのは非常にやりにくいもので、人に自然に嫌な思いをさせているというのは非常に申し訳なく思います。


きっちり毎日お風呂に入っていても汗をかきやすい体質の人は注意をした方が良さそうです。汗自体に臭いがついているようで、体を念入りに洗って家を出る前には臭いがなくても会社にいるうちに臭いが染み出てしまうのです。


対策としては防臭スプレーや、服自体に芳香剤をつけて臭いを隠そうとしていますがうまくいきません。こまめに体を汗取りシートなどで拭うなど、物理的に処理する方法をこの夏は試してみようと思います。

 

わきがではないけれど体臭には気を使っています

 

私はわきがではないものの、わきが体質ではあると思います。 というのも耳あかを掃除した時に耳あかが湿っていること、また耳あかのニオイをかぐと若干わきがのような苦みのあるニオイがするためです。 わきがではないと思う理由は、わきのニオイを確認してもわきが特有のニオイがしないこと、そして服を確認してもワキの部分にシミができていないからです。 ただ汗かきな体質でもあるので、やはり夏場は汗臭さが気になることもあります。 私が行っているニオイ対策はこまめにワキ毛の処理をすること、ワキの汗を拭くこと、ピッタリした服を着ないことなどです。 ワキの汗を放置しているとそこから雑菌が繁殖してしまうらしいので、汗をかいたと感じたらなるべくすぐトイレに行き、ティッシュでワキをキレイにするよう心がけています。 スプレーのようなものはワキの毛穴をふさいでしまいあまり良くないと耳にすることもあり、私はあまり使いません。 また体臭がキツくなるような香辛料の強い食べ物や、肉類などもなるべく口にしないようにしています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ